親爺の自然館

野鳥中心の気ままな自然散歩

小さな赤い宝石

ハッチョウトンボ0001
ハッチョウトンボc0002
子供の頃からの憧れハッチョウトンボをやっと見る事ができました。 今まで近所にいたのに見逃していたらしく遠方へ出かけなくて嬉しくおもっております。ニコンV2・自製接写レンズで証拠写真
  1. 2017/06/18(日) 03:00:00|
  2. トンボ
  3. | コメント:0

創られた楽園

知人より連絡を頂いて、錦鯉の幼魚を選別される作業を見せてもらいました。その作業よりも池の周りはトノサマガエル・ゲンゴロウ・トンボ・カブトムシ・トカゲ・カラスヘビ・ヤマカガシ・マムシなど驚くほど多くの生き物が棲んでいました。 獣避けの柵と鳥避けネットそして池の水は無農薬の山水 コンクリートの水路無く 殆ど沼もしくは湿地状態 柵から出てきた生き物はヤマドリが食べるようです。
キイトトンボ20001
キイトトンボ30002
オニグモ0001
トノサマガエルとバッタが無数に足元を飛び回り餌に困らないのか大きなオニグモまで
近くのクヌギ林はカナブン・カブトムシ・タマムシもいましたが半パンのスリッパなので撮影は諦めました。
トノサマガエル0002
池をさらえると時折タガメもいると言われていました。新たな お気に入りの場所を見つけてワクワク 
錦鯉ももらって帰りました。 次回はフル装備で出かけなくては
  1. 2014/08/03(日) 19:00:00|
  2. トンボ

ダビドサナエ

ミヤマサナエc0001
ダビドサナエ(だびど早苗、学名 Davidius nanus )は サナエトンボ科のトンボの一種で日本特産種。春にあらわれるサナエトンボの中では、比較的普通に見られる種。和名のダビドはフランス人の生物学者の名前に由来するもので、その功績に献呈された。  オニヤンマばかり撮っていたので今期はサナエもいろいろ撮りたく思ってます。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/25(水) 19:00:00|
  2. トンボ

ムカシヤンマ

ムカシヤンマ0001
 成虫出現期;4月上旬から8月上旬。成虫の体長65mm弱から70mm強、幼虫は30mm強。本種の名前は、形態に原始的な特徴を残していることにちなむ。しかし、名前に“ヤンマ”とつくが、ヤンマ科には属さない。丘陵から山地にかけての水がしみ出して常に湿っているような斜面に生息し、  幼虫は中齢以降、湿った斜面に浅いトンネルを掘って生活している。羽化までに2~3年かかる。成虫は大型でがっちりしており、翅胸前面が灰褐色で、腹部の各節にある黄色い筋の上部に小さい黄点がある。左右の複眼は離れており、成熟すると黒くなる。 と書いてあった。なるほどと思う場所で撮影しました。
  1. 2014/06/19(木) 19:00:00|
  2. トンボ

オニヤンマ

気温は真夏ですが山ではツクツクボウシが啼き始めそろそろ秋が近づいてきたのでしょうか?
オニヤンマが木陰でハネムーンの休憩をしていました。
オニヤンマ夫婦0001

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/08/17(土) 19:00:00|
  2. トンボ
次のページ

プロフィール

ようこそお越しくださいました。

<30%author_name>

京都市在住 1955年生まれ 極楽蜻蛉が近所の鳥さんを四季を通して撮影しています。
 

カメラに収まってくれた鳥さん達

アオアシシギ (8)
アオゲラ (2)
アオサギ (6)
アオジ (3)
アオバト (7)
アカアシチョウゲンボウ (1)
アカウソ (0)
アカエリヒレアシシギ (2)
アカゲラ (2)
アカツクシガモ (1)
アカハジロ (1)
アカハラ (1)
アトリ (3)
アマサギ (9)
アメリカウズラシギ (1)
アメリカコハクチョウ (1)
アメリカヒドリガモ (2)
アリスイ (1)
イカル (4)
イカルチドリ (1)
イソシギ (4)
イソヒヨドリ (3)
イヌワシ (4)
イワツバメ (2)
ウグイス (2)
ウズラシギ (1)
ウソ (5)
ウミアイサ (1)
ウミウ (1)
エゾビタキ (3)
エナガ (8)
エリマキシギ (5)
オオアカゲラ (1)
オオジュリン (14)
オオジシギ (1)
オオタカ (8)
オオカワラヒワ (1)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオハシシギ (1)
オオヒシクイ (2)
オオヨシキリ (4)
オオルリ (13)
オオワシ (3)
オカヨシガモ (1)
オグロシギ (7)
オシドリ (7)
オジロトウネン (1)
オジロビタキ (4)
オジロワシ (1)
オナガガモ (3)
オバシギ (1)
カイツブリ (4)
カケス (3)
カシラダカ (5)
カモメ (1)
カルガモ (2)
カワアイサ (7)
カワガラス (6)
カワウ (7)
カワセミ (60)
カワラヒワ (7)
カンムリカイツブリ (23)
キアシシギ (3)
キクイタダキ (4)
キジ (57)
キジバト (3)
キセキレイ (5)
キビタキ (14)
キバシリ (1)
キレンジャク (3)
キンクロハジロ (3)
クイナ (7)
クサシギ (2)
クマタカ (11)
クロサギ (1)
クロジ (2)
クロツグミ (1)
ケリ (2)
コアオアシシギ (2)
コアジサシ (1)
ゴイサギ (11)
コガモ (2)
コガラ (3)
コクガン (1)
コクマルガラス (3)
コゲラ (6)
コサギ (31)
コサメビタキ (2)
コチドリ (4)
コチョウゲンボウ (5)
コマドリ (5)
コハクチョウ (12)
コミミズク (2)
コムクドリ (8)
コヨシキリ (1)
コルリ (1)
サカツラガン (2)
ササゴイ (13)
サシバ (4)
サンコウチョウ (7)
サンショウクイ (2)
シジュウカラ (7)
シメ (4)
ジョウビタキ (8)
シロチドリ (3)
シロハラ (2)
スズメ (6)
セイタカシギ (16)
セグロセキレイ (4)
セッカ (5)
センダイムシクイ (2)
ソウシチョウ (1)
ソリハシシギ (1)
ダイサギ (14)
タカブシギ (6)
タゲリ (4)
タシギ (4)
タヒバリ (2)
タマシギ (14)
チュウサギ (3)
チュウシャクシギ (1)
チュウヒ (12)
チョウゲンボウ (41)
ツバメ (4)
ツグミ (1)
ツバメチドリ (4)
ツツドリ (1)
ツミ (1)
ツルシギ (6)
トウネン (2)
トビ (4)
ドバト (1)
トラツグミ (4)
トラフズク (1)
ニュウナイスズメ (2)
ノゴマ (2)
ノハラツグミ (1)
ノビタキ (18)
ノスリ (19)
ハイイロガン (1)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (4)
ハギマシコ (1)
ハクガン (1)
ハクセキレイ (4)
ハシビロガモ (2)
ハシブトガラス (0)
ハシボソガラス (1)
ハジロカイツブリ (4)
ハチクマ (1)
ハチジョウツグミ (1)
ハヤブサ (79)
ハマシギ (4)
バン (4)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (7)
ヒシクイ (1)
ヒドリガモ (4)
ヒバリ (5)
ヒバリシギ (2)
ヒメウ (1)
ヒヨドリ (2)
ヒレンジャク (15)
ビンズイ (1)
フクロウ (1)
ベニマシコ (10)
ホオアカ (6)
ホオジロ (5)
ホオジロガモ (2)
ヘラサギ (1)
ホオジロカンムリズル (1)
ホシゴイ (0)
ホシハジロ (2)
マガモ (1)
マガン (1)
マヒワ (2)
マミジロ (2)
マミチャジナイ (1)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (32)
ミソサザイ (2)
ミヤマガラス (1)
ミヤマホオジロ (2)
ムクドリ (5)
ムナグロ (3)
ムネアカタヒバリ (1)
メジロ (12)
メダイチドリ (1)
モズ (10)
ヤブサメ (2)
ヤマガラ (5)
ヤマセミ (2)
ヤマドリ (2)
ユリカモメ (2)
ヨシガモ (2)
ルリビタキ (14)
レンカク (1)
白化固体 (2)
蝶類 (42)
トンボ (27)
虫 (29)
蛇 (3)
魚類 (9)
セミ (3)
番外篇 (132)
哺乳類 (20)
未分類 (2)

現在 鳥類 196種