親爺の自然館

野鳥中心の気ままな自然散歩

サンセット・ダンス

一度連写を終了して肉眼で追っていると東からもう1羽飛び出して近づいてきました。
ハイチュウ飛2羽b0001
ハイチュウ飛2羽0002
その後 じゃれ合うように地面へ降りて・・・・
ハイチュウ着地0001
この場で夜を迎えるのでしょう。
距離を詰めることは出来ないので画像は300%拡大 また荒れてしまいました。

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/17(月) 19:00:00|
  2. ハイイロチュウヒ
  3. | コメント:10

初の猛禽

今年になってさっぱり猛禽の撮影ができずに、小鳥さんにお世話になっていました。出かける場所を変えるとハイタカばかり(撮影不可能)が出没して小鳥さんを散らしてしまいます。 で滋賀県へ・・・最近少し静かになったハイチュウを狙いたく午後から出かけ 北側の進入コースで待ち伏せ。
ハイチュウ飛来0002
暖かい車内で待つこと30分 雪山をバックに定刻に現れました。
ハイチュウ10003
拡大率200%のトリミング前回より解像度良くなっているようです。
ハイチュウ20004
「お前一人か」と言わんばかりに横目で睨んで通過して行きました。
ハイチュウ30005
今回も予定どうりのコースを通過して行きました。 この後サプライズ・・・続く

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/01/16(日) 07:51:11|
  2. ハイイロチュウヒ

ハイチュウは低空飛行

昨年暮れから本年3月頃までの観察の結果 推し量った時間・飛行コースに現れたハイイロチュウヒ♂です。
これは今までの塒入り前のいつもの飛翔シーンです
ハイチュウ10・12・5・a0001
これは夕方の狩のため低空飛行で朝夕の2度通過するポイントでの待ち伏せ時間どうりだったので運良く数分待ちで撮れました。
ハイチュウ10・12・5・b0001
こいつは鷹と梟の中間のようでチュウヒとはまったく違うように感じました。
ハイチュウ10・12・5・d0001
ハイチュウ10・12・5・e0001_1
苦しい画像です 次回は近距離で撮影せねば 時間があれば通うのですが年内は無理かも・・・・・

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/12/06(月) 18:59:40|
  2. ハイイロチュウヒ
  3. | コメント:10

ハイチュウの観察

ハイイロチュウヒの行動が少しずつ見えてきましたが
今季は葦刈りも始まり撮影を終了。
しかし気に入った写真は撮れていないので来期に楽しみを残しておきます。
ハイイロチュウヒ♂40003
昼間は偵察飛行のようにゆったりと飛んでますが
ハイイロチュウヒ♂50004
辺りが薄暗くなる地面から湧き上がるように現れ、かなりの低空飛行で餌を探し回ってます。暗すぎて私のカメラでは撮影はほぼ不可能。
日中とは違う素晴らしい飛行で魅了されました。
ハイチュウヒ柱20001
多くの撮影者が帰られた後に、日没後何処からともなく現れた ♂4羽(確)・♀3羽(?)計7羽で鷹柱ができて暗くなるまで舞ってました。写っているのは♂3羽♂1羽チュウヒ1羽のようです。
月の出0001
片付けていると後ろの山から明るくなってきました。

あと1回チュウヒにお付き合い願います。バックナンバーがたまり始めまして撮影日順ではありません。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/22(月) 19:00:00|
  2. ハイイロチュウヒ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ハイイロチュウヒ

ここ暫く、ハイイロチュウヒの撮影に通ってました。。
撮影内容はともかく、チュウヒとの違いや、♂♀の違いも皆さんに教えて頂き勉強になりました。
ハイイロチュウヒ♂0005
登場までの待ち時間は、他の小鳥達(ベニマシコ・ジョウビタキ・オウジュリン・アオジ・カシラダカ)の撮影もでき皆さんと楽しく過ごせました。
ハイイロチュウヒ♂20006ハイイロチュウヒ♂30007
ハイイロチュウヒ♂上0008
何時も下ばかり見ているのにどこ見てるの?
春までにはベストショットが撮れそうです。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/12/28(月) 19:00:00|
  2. ハイイロチュウヒ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

ようこそお越しくださいました。

<30%author_name>

京都市在住 1955年生まれ 極楽蜻蛉が近所の鳥さんを四季を通して撮影しています。
 

カメラに収まってくれた鳥さん達

アオアシシギ (8)
アオゲラ (2)
アオサギ (6)
アオジ (3)
アオバト (7)
アカアシチョウゲンボウ (1)
アカウソ (0)
アカエリヒレアシシギ (2)
アカゲラ (2)
アカツクシガモ (1)
アカハジロ (1)
アカハラ (1)
アトリ (3)
アマサギ (9)
アメリカウズラシギ (1)
アメリカコハクチョウ (1)
アメリカヒドリガモ (2)
アリスイ (1)
イカル (4)
イカルチドリ (1)
イソシギ (4)
イソヒヨドリ (3)
イヌワシ (4)
イワツバメ (2)
ウグイス (2)
ウズラシギ (1)
ウソ (5)
ウミアイサ (1)
ウミウ (1)
エゾビタキ (3)
エナガ (8)
エリマキシギ (5)
オオアカゲラ (1)
オオジュリン (14)
オオジシギ (1)
オオタカ (8)
オオカワラヒワ (1)
オオハクチョウ (1)
オオバン (1)
オオハシシギ (1)
オオヒシクイ (2)
オオヨシキリ (4)
オオルリ (13)
オオワシ (3)
オカヨシガモ (1)
オグロシギ (7)
オシドリ (7)
オジロトウネン (1)
オジロビタキ (4)
オジロワシ (1)
オナガガモ (3)
オバシギ (1)
カイツブリ (4)
カケス (3)
カシラダカ (5)
カモメ (1)
カルガモ (2)
カワアイサ (7)
カワガラス (6)
カワウ (7)
カワセミ (60)
カワラヒワ (7)
カンムリカイツブリ (23)
キアシシギ (3)
キクイタダキ (4)
キジ (57)
キジバト (3)
キセキレイ (5)
キビタキ (14)
キバシリ (1)
キレンジャク (3)
キンクロハジロ (3)
クイナ (7)
クサシギ (2)
クマタカ (11)
クロサギ (1)
クロジ (2)
クロツグミ (1)
ケリ (2)
コアオアシシギ (2)
コアジサシ (1)
ゴイサギ (11)
コガモ (2)
コガラ (3)
コクガン (1)
コクマルガラス (3)
コゲラ (6)
コサギ (31)
コサメビタキ (2)
コチドリ (4)
コチョウゲンボウ (5)
コマドリ (5)
コハクチョウ (12)
コミミズク (2)
コムクドリ (8)
コヨシキリ (1)
コルリ (1)
サカツラガン (2)
ササゴイ (13)
サシバ (4)
サンコウチョウ (7)
サンショウクイ (2)
シジュウカラ (7)
シメ (4)
ジョウビタキ (8)
シロチドリ (3)
シロハラ (2)
スズメ (6)
セイタカシギ (16)
セグロセキレイ (4)
セッカ (5)
センダイムシクイ (2)
ソウシチョウ (1)
ソリハシシギ (1)
ダイサギ (14)
タカブシギ (6)
タゲリ (4)
タシギ (4)
タヒバリ (2)
タマシギ (14)
チュウサギ (3)
チュウシャクシギ (1)
チュウヒ (12)
チョウゲンボウ (41)
ツバメ (4)
ツグミ (1)
ツバメチドリ (4)
ツツドリ (1)
ツミ (1)
ツルシギ (6)
トウネン (2)
トビ (4)
ドバト (1)
トラツグミ (4)
トラフズク (1)
ニュウナイスズメ (2)
ノゴマ (2)
ノハラツグミ (1)
ノビタキ (18)
ノスリ (19)
ハイイロガン (1)
ハイイロチュウヒ (5)
ハイタカ (4)
ハギマシコ (1)
ハクガン (1)
ハクセキレイ (4)
ハシビロガモ (2)
ハシブトガラス (0)
ハシボソガラス (1)
ハジロカイツブリ (4)
ハチクマ (1)
ハチジョウツグミ (1)
ハヤブサ (79)
ハマシギ (4)
バン (4)
ヒガラ (3)
ヒクイナ (7)
ヒシクイ (1)
ヒドリガモ (4)
ヒバリ (5)
ヒバリシギ (2)
ヒメウ (1)
ヒヨドリ (2)
ヒレンジャク (15)
ビンズイ (1)
フクロウ (1)
ベニマシコ (10)
ホオアカ (6)
ホオジロ (5)
ホオジロガモ (2)
ヘラサギ (1)
ホオジロカンムリズル (1)
ホシゴイ (0)
ホシハジロ (2)
マガモ (1)
マガン (1)
マヒワ (2)
マミジロ (2)
マミチャジナイ (1)
ミコアイサ (4)
ミサゴ (32)
ミソサザイ (2)
ミヤマガラス (1)
ミヤマホオジロ (2)
ムクドリ (5)
ムナグロ (3)
ムネアカタヒバリ (1)
メジロ (12)
メダイチドリ (1)
モズ (10)
ヤブサメ (2)
ヤマガラ (5)
ヤマセミ (2)
ヤマドリ (2)
ユリカモメ (2)
ヨシガモ (2)
ルリビタキ (14)
レンカク (1)
白化固体 (2)
蝶類 (42)
トンボ (27)
虫 (29)
蛇 (3)
魚類 (9)
セミ (3)
番外篇 (132)
哺乳類 (20)
未分類 (2)

現在 鳥類 196種